アンティークコイン投資のデメリットとは?失敗するのはこんな人

アンティークコイン投資のデメリットや失敗する人について解説

アンティークコイン投資の3つのデメリットとは?

アンティークコイン投資が熱いらしい。

気になっている人も多いことでしょう。


ただ、アンティークコイン投資には分からないことがたくさんありますよね。

敷居が高いような気がします。

f:id:antique-coin:20170716125433j:plain


今回は、アンティークコイン投資のデメリットについて解説したいと思います。

 

アンティークコイン投資の3つのデメリット

 

アンティークコイン投資のデメリットを挙げるならば、3つだと思います。

 

  • 1回の投資金額が大きい
  • 短期間の投資には不向き
  • 情報が他の投資に比べて少ない


アンティークコイン投資は実物資産の投資です。

特に金額の大きさや情報量の少なさが気になると思います。


これらのデメリットを少しでも減らすにはどうすればいいのか?

 

安いコインは長期保有で勝負

 

アンティークコインと一口に言っても、値段には大きな差があります。

1枚100万円を超える高価なコインもあれば、10万円前後で買える金貨もあります。


アンティークコイン投資は、基本的には高価なコインのほうが値上がりする確率が高いです。

高価なコインほど希少性が高いので、どうしてもその傾向があります。

f:id:antique-coin:20170716124849j:plain


安いコインは市場に出回る数が多いので、世界経済の動向に左右されやすいです。

また、値上がり幅も小さいので投資としては旨味が少ないのです。

f:id:antique-coin:20170716125858j:plain


ただし、長期間保有するのが前提なら安いコインでもOKです。

安いと言っても数に限りがあるので、長いスパンで考えれば値上がりが期待できます。


初心者にとっては、高額なコインにいきなり手を出すのは不安です。

長期保有を前提に安いコインから始めるのが安全です。

 

短期的な利益なら別の投資で

 

アンティークコインのデメリットの2つ目は、短期的な利益を確保するのが難しいこと。

 

株なら朝買って1時間後に売却して利益確定することもできますが、アンティークコインではまず無理です。


もし短期的な利益を狙うなら、200万円以上の高額コインを取り引きするしかないでしょう。

資金に余裕がないとハードルが高いですね。


ただし、逆に考えればメリットとも言えます。

株や為替のように乱高下しにくいので、長期的な利益を狙うのに向いています。

f:id:antique-coin:20170716125720j:plain


普通の金投資と大きく違うのは、枚数に限りがあること。

金投資よりも市場経済の影響を受けにくいのもメリットです。


最近は中国やインド、東南アジアの富裕層が台頭してアンティークコイン市場の需要は拡大傾向。

短期的な利益が目的でないなら、他の投資より有利だと思います。

 

アンティークコイン投資は情報が命

 

アンティークコインの価値を決めるのは、希少性とデザインの人気です。


発行枚数や歴史的背景、市場にどれぐらい出回っているのかという情報を知ること。

これができれば失敗する確率は大きく下がります。


アンティークコインを買う際は、情報量が多いサイトやお店で買うのがおすすめです。

情報量が少ないサイトで買うのは、知識を高めてからにするのが無難です。

f:id:antique-coin:20170716125359j:plain


情報量の多い販売サイトと言えば、ゴールドコインでしょうか。


各コインの相場や発行枚数などの基本情報や、市場の傾向などの直近の情報が豊富です。

動画によるコイン解説も多く、情報集めが楽にできますよ。


詳しくは、下記リンク先をご覧ください。
↓↓↓↓

アンティークコイン投資で失敗する人の共通点

アンティークコインは市場経済の影響が少なく、値上がり傾向が続いています。


ただし、全てのコインが値上がりしているわけではありません。

元本割れすることもあります。


どんなに有利な環境でも、失敗してしまう人はいるのです。

失敗する人にはこんな共通点があります。

 

  • 信用が不確かなところで買う
  • 短期の利益を求めてしまう
  • 出口戦略を考えていない

信用できる店やサイトで買おう

 

アンティークコインを投資として考えるなら、少しでも安く買いたいと思うのは当然です。

ところがここに落とし穴があります。


ヤフオクなどを検索してみると、アンティークコインが安値で売り出されていることがあります。

飛びつきたくなりますよね。

f:id:antique-coin:20170716125359j:plain


この時に大事なのが、誰が売っているのか確認すること。

信頼できる(事業を長年継続している)業者が売っているなら問題ありません。


しかし、全くの個人やよく分からない業者が売り手なら避けるべきです。

偽物まではいかなくても、粗悪品を掴まされるかもしれません。


アンティークコインは希少性だけでなく品質が大事。

相場より明らかに安いコインには、何か理由があるはずです。

 

短期の利益確保には向かない

アンティークコイン投資は、実物資産への投資です。

株などと違い、1日で大幅に値段が上下することはまずありません。

f:id:antique-coin:20170716125433j:plain


毎月30万円稼ぎたいとか、今週中に資産を倍にしたいと思うならアンティークコイン投資は不向きです。


アンティークコイン投資は、年単位で稼ぐのが基本。

短期的な利益を確保するのは難しいと思ってください。


たまに映画やテレビの影響で特定の国・時代の金貨が値上がりすることもありますが…

 

短期的な利益を狙いたいなら、あらゆる分野にアンテナを張って情報を集める必要があります。

 

出口戦略を考えよう

 

最後に、成功と失敗を分けるのは出口戦略です。


アンティークコインを買うのは誰でもできます。

問題はどう売るか。


人気が高くても、投資として考えると売りにくいコインもあるのです。


例えばドイツのアンティークコインは高止まり傾向が強いです。

人気はあるのですが、利益回収という点では難しいものが多いと思います。


もちろん、全部ではありません。

値上がりが十分に期待できるコインもありますが、期待ほど値上がりしないものが多いです。


値上がりしやすさを考えると、アメリカのアンティークコインの方が私はおすすめだと思います。

f:id:antique-coin:20170716125136j:plain


知らず知らずのうちに、投資には不向きな売りにくいコインに手を出していないか?

コインの情報を集めるのは必須です。

antique-coin.hatenablog.com

アンティークコインはなぜ値上がりが続くのか?理由は富裕層の変化

最近、じわじわとアンティークコイン投資市場が熱くなっています。

一般的には、アンティークコイン投資は年20%ぐらい値上がりすると言われています。

f:id:antique-coin:20170716124849j:plain


実際、この数年は着実に値上がりしているコインが多いです。


なぜ値上がりが続くのか?

これは主に、中国とインドなどの新しい富裕層が増えていることが理由です。


中国やインドの富裕層は、資産を人に見てもらうことがステータスになっています。

そのため「見栄えのいい資産」が大好物。


そういう意味では、アンティークコインはピッタリだったのです。


金の延べ板を無造作に積んで飾るのは下品ですが、アンティークコインを並べるとオシャレです。

管理も簡単ですし、価値がゼロになることもない。

f:id:antique-coin:20170716125136j:plain


見栄やメンツを大事にする中国やインドの富裕層が飛びつくのも無理はありません。


近年は東南アジアの富裕層も増加傾向です。

これらの人がアンティークコインを知れば、ますます値上がり傾向が続くでしょう。


金の延べ板と違い、アンティークコインには枚数に限りがあります。

沈没船から大量に回収でもしない限り、需要全体から見ると「品薄状態」が続くのです。


当分の間は、早い者勝ち状態が続くのではないでしょうか。

antique-coin.hatenablog.com